Theme 01

製薬業界の今とシミック

CMIC Group

時代は垂直統合型から
水平分業型へ

大きく変わる製薬業界のビジネスモデル

今までにない医薬品を創出し、医療の現場に貢献していく取り組み。従来、それは製薬会社が大きな役割を果たしてきました。創薬ターゲットの探索などの研究から始まって、非臨床試験、治験、製造、マーケティング、MR活動に至るまでそれぞれの組織を自社内で持ち、創薬の上流から下流までを一貫して手がけてきたのです。これは「垂直統合型」のビジネスモデルといえます。

しかし近年、創薬を取り巻く環境が大きく変わる中で、垂直統合型が十分に機能しない時代を迎えています。ヒトゲノム解読を起点にライフ・イノベーションが急速に進み、国際競争が激しくなっている今日、創薬の過程をすべて自社内でまかなうのは必ずしも得策とはいえない状況です。

加えて、創薬力の強化には従来の生命科学を超えた知見が求められています。たとえば、in silicoスクリーニングコンピュータ上で仮想実験を行い、薬理効果や薬物動態などを予測して、薬物として優れた性質を持つ化合物を選択すること分子動力学原子ならびに分子の物理的な動きをコンピューターでシミュレーションしていく学問などのコンピュータ創薬技術をはじめ、複雑な構造を持つ天然化合物から創薬を進める有機合成技術、iPS由来の細胞を用いた安全性評価技術など、数々の先進的な基盤技術が欠かせません。こうした新たな知見を結集するには、製薬会社に加えて、ベンチャー企業や大学の研究機関との連携、すなわちオープンイノベーションが重要なものとなっています。

創薬を取り巻く環境が激変している現在、垂直統合型の創薬はその姿を大きく変えつつあります。それが「水平分業型」のビジネスモデルです。従来、一貫して行っていた業務について、必要に応じて社内および社外で分業するものです。極端にいえば、自社が得意とする業務だけ社内に残し、それ以外はアウトソーシングを活用します。特に期間と費用がかかる治験に関して、ノウハウの豊かな専門企業に任せる傾向が強まっているのです。このほか、医薬品の製造やマーケティング、MR活動においてもアウトソーシングを活用する製薬会社が増えています。

シミックグループは、日本初の医薬品開発支援機関(CRO)として誕生し、リーディングカンパニーとして製薬業界における「水平分業型」のビジネスモデルの構築をいち早く進めてきました。現在ではCROをコア事業としながら、製造、営業・マーケティングなど、製薬企業を中心とするお客様のニーズの多様化・高度化を的確に捉え、医薬品ビジネスの幅広い工程を一貫して支援するビジネスモデルを構築しています。そして、長年にわたって培ってきた知見やビジネスネットワークを活かすことで、バイオ医薬品など、これからの時代を担う医薬品の開発に大きく貢献していこうとしています。今後、水平分業型のビジネスモデルの重要性が更に増していく中で、シミックグループは時代の先を見すえて、医療・医薬の要請にしっかり応えていきます。

PAGE
TOP