中村 和男
Interview

医療の未来を創り出す
シミックグループ

製薬業界は、世界規模で広がるイノベーションの時代。
シミックグループはその最前線で事業領域を拡大しています。
ビジネスモデルが大きく変わりつつある今、
新たな時代を一緒になって作り上げていく人材を求めています。

中村 和男

Kazuo Nakamura

中村 和男(なかむら かずお)

シミックホールディングス株式会社 代表取締役CEO

1969年京都大学薬学部製薬化学科卒業。2008年金沢大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。薬学博士。
1969年三共株式会社(現:第一三共株式会社)に入社。世界的に有名なブロックバスター、メバロチン(高脂血症、家族性高コレステロール血症治療薬)の開発プロジェクトリーダーを務める。
1992年シミック株式会社(現:シミックホールディングス株式会社)代表取締役に就任し、日本初のCROとして医薬品開発支援業務を開始するとともに、1994年日本CRO協会発足に携わり、事務局長に就任(1999年から2012年まで会長)。
1996年に治験実施施設支援事業(SMO)を日本で初めて事業化。CRO、SMOともに現在では治験実施に不可欠な存在となっている。以降、営業支援事業(CSO)、医薬品製剤開発・製造支援事業(CDMO)等にビジネス領域を拡大し、総合的な医薬品の支援業務を提供する「PVC(ファーマシューティカル・バリュー・クリエイター)」を標榜し事業を展開。
また、受託事業に加え、腎疾患診断薬L-FABP(L型脂肪酸結合蛋白)、希少疾病用医薬品の自社での開発・販売などの新しいプラットフォーム型製薬事業(IPM)に取り組み、患者様一人ひとりの健康価値向上に貢献する企業を目指し、現在に至る。

キース・ヘリングの蒐集家としても有名。山梨県北杜市小淵沢町に「中村キース・ヘリング美術館」を創設。子どもの頃から実験好きで高校時代は化学部に所属。大学では勉学の一方で、バンド活動に打ち込み、ロックスターに憧れていたことも。米国に出張した際、自由闊達に議論して新薬開発に挑戦する創薬ベンチャーやCROに刺激を受けたのが、シミック創設の原点。

インタビュー

中村 和男 写真1

あらゆる業界において、ビジネスを激変させる
オープンイノベーション

先見性に富んだ皆さんは今、世界中で起こっている巨大な変化のうねりを敏感に察知しているのではないでしょうか。あらゆるビジネスシーンにおいて、ICT(情報通信技術)の飛躍的な発展が、劇的なイノベーションをもたらしています。たとえば、世界的に拡がりを見せているシェアリングエコノミーは従来のモデルを大きく変える威力があります。個人が持つ余剰リソースを活用することで、既存システムでの不足分を充足し、より効率的な社会システムにすることができます。

大切なことは、変化を生み出している背景が、技術の革新だけでなくビジネスの着眼点の変化だという点です。従来はモノやサービスの担い手であるサプライヤー(社内)の観点からビジネスが組み立てられてきました。ところが、今やユーザーサイド(社外)の視点で考えることが求められています。オープンイノベーションが進行する世界では、かつての成功体験が通用しません。これは極めて重要なことであり、業界を問わずビジネスモデルの変革が求められている点に注目していただきたいのです。

中村 和男 写真2

従来の発想にとらわれることなく、
医薬品開発の新たな道筋を拓いた
シミックグループ

オープンイノベーションの潮流は、製薬業界においても例外ではありません。これまで製薬会社は自社内での研究開発を通じて新薬の候補物質を見つけ出し、治験(臨床試験)を経て製造販売の承認を得た後、営業活動も自ら行ってきました。研究開発から製造販売に至るまで一貫して自社で手がける、いわば垂直統合型のビジネスモデルは、従来は多いに機能し、医療への貢献を果たしてきました。しかし、医療・医薬を取り巻く環境が大きく変わる中で、もはやビジネスモデルを変革せざるを得ない時代を迎えているのです。

実際、抗体医薬品などのバイオ医薬品が台頭している現在、新薬の種を数多く生み出しているのは、バイオベンチャーと呼ばれる新興のプレーヤーです。こうした企業の多くは創薬の上流に位置する研究に特化して活動を展開しています。その分、治験や承認申請はアウトソーシングする流れができています。そこで研究以降の過程を担ってきたのが、シミックグループをはじめとするCROです。私たちは日本初のCROとして医薬品の開発をサポートすることで、製薬業界における新たなビジネスモデルを創出してきました。

近年はさらに、アカデミアと呼ばれる大学のラボラトリー発の新薬が相次いで登場してきています。こうした分野にもシミックグループは積極的に取り組み、CROリーディングカンパニーとして自らを大きく成長させただけでなく、CRO業界全体を牽引してきました。

世界を見据え、患者さん本位の医薬品ビジネスを追求

そして今、シミックグループはCRO事業を核として、医薬品の研究開発から製造、販売に至るまでワンストップでサポートできる体制を構築しています。しかも、日本国内にとどまらず、世界での事業展開を積極的に進めています。これこそシミックグループが掲げる「PVC(Pharmaceutical Value Creator)」の目指すところであり、ユーザーサイド(=患者さんの視点)に立った医薬品ビジネスへの挑戦であります。

医薬品の世界が劇的な変化を遂げつつある、その真っただ中でシミックグループは、さらにその先を見据えて次世代バイオ医薬品の分野に乗り出しているほか、再生医療やオンコロジー(がん領域)などの分野でも大いに存在感を発揮しています。強みの源泉となっているのが、さまざまな事業を通じて蓄積してきた技術やノウハウ、そして世界的なビジネスネットワークです。これらをもとにして、シミックグループは患者さん本位の医療の確立に大きく貢献していきたいと考えています。

私たちが目指しているのは、単なる事業の拡大ではありません。医薬品が果たすべき使命をしっかり見据え、倫理性や科学性に基づいた医療への貢献です。加えて、先進国だけでなく、新興国などを含めた世界の各地域の医療ニーズや生活文化に即したミッションの実現を追求していく考えです。それだけに今後の飛躍に向けて挑戦すべきテーマがたくさんあります。

メッセージ

時代の先を見ている若きイノベーターに大いに期待

今、私たちが必要としているのは、シミックグループが果たすべき使命を一緒になって考え、実行できる人財です。基本はCRA(臨床開発モニター)をはじめとするさまざまな職種で専門性を磨きながら、その上でご自身のキャリアを築いていただきたいと考えます。シミックグループでは、創薬における最先端の情報に触れることが可能です。ですから、時代の先頭に立って仕事を進める中で、会社とともに大きく成長していただくことができます。

これからの時代、業界を問わず定型業務の割合は少なくなり、新たな挑戦を必要とする仕事がますます増えてくるでしょう。シミックグループでもこの傾向が顕著であり、今後、プロジェクトを的確にマネジメントできるリーダーを一人でも多く育成することが大きな課題の一つです。やる気と努力次第で、若い時から他では成しえないような挑戦が可能なのです。

若い皆さんには、シミックグループのミッションをよく理解していただいた上で、この先に待っているグローバルなプロジェクトを率いる存在になってほしいと願っています。究極のところ、命とは何であるのか、生や死とは何か、薬の真の役割とは何か。こうした議論が真剣にできる人々と共に、時代の先を見据えつつ、世界という土俵で医療や製薬の分野での貢献を目指していきたいのです。一人でも多くの若きイノベーターがシミックグループのチャレンジに共感し、参画していただけることを期待しています。

PAGE
TOP