T_F写真T_F写真
Interview

CRA

T. I.

シミック株式会社

T. I.

CRA(臨床開発モニター)
シミック株式会社 臨床事業第一本部8部
2012年5月中途入社

出身は神奈川県川崎市。大学では国際学部でスペイン語を専攻。在学時にはスペインへ留学したほか、中南米諸国をバックパッカーで周遊。卒業後は、人材業界の会社に就職し、求人広告営業を経験。その後、高校生の頃からの夢であった世界一周の旅をしたのち、専門性のある職種を求めてシミック・アッシュフィールドへMRとして入社。入社後4ヶ月ほどでシミックへ転籍してCRA(臨床開発モニター)の道へ。

仕事を知る

異業界からシミックへ。
未経験からキャリアアップを実現。

前職は人材業界で求人広告の営業として働いていました。シミックに入社したのは、専門性の高いスキルを身に付けたいと思ったから。当初は、シミックのグループ会社でMRとして採用されましたが、縁がありグループ内の転籍でシミックのCRA(臨床開発モニター)として配属されることに。正直、転籍の話があるまでCRAという職種自体ほとんど知りませんでした。でも、説明を聞くうちに社会への貢献性や医学・薬学に関する専門スキルを磨けるという点に惹かれ、挑戦することに決めました。CRAとして働き始めてからは、やはり専門知識の面で苦労しました。今では先生から「DM」と聞けば「糖尿病」のことだとすぐに分かりますが、当時は「ダイレクトメール?」といった具合。どの業種・職種でも、業界内の専門用語はあると思いますが、とくに医療現場で使われる専門用語の数は多いため、ストレスなくコミュニケーションをとれるようになるには半年ほど時間がかかりました。専門用語の習得は大変だったものの、知識を習得したおかげで今では自分が専門職に従事していると自覚を持って働けています。また、シミックに入社する決め手のひとつになったのが、ヘッドクオーター(本社)が日本にあるということ。日系企業の良さだと思いますが、経営陣との距離感が近く、みんなで助け合う風土があると感じています。研修に関しても日本語でしっかりサポートしてくれるので安心できますし、未経験者でも成長しやすい環境が揃っていると身を持って実感しています。

T_F写真1
T_F写真2

タスクフォース活動を通じて、
CRAの価値を高めていく。

現在私が推進している部内業務のひとつが、CRAのキャリアプランを充実させるためのタスクフォース活動です。シミックでは数々のタスクフォースが展開されていますが、私が担当しているのは、臨床事業部内の専門教育に関するタスクフォース。これまでCRAへのトレーニングは各プロジェクトが主体となって実施していましたが、このタスクフォースではそれらのトレーニングを精査し、本当に必要なトレーニングを抽出・整備しています。資料を作成する際は、実際の現場で行われているケーススタディを意識し、実践に役立つトレーニングになるよう心掛けています。その他にも、社員同士のコミュニケーションを活発化させるため、オンライン座談会も実施しています。部内には、複数の部門を兼務している人、若手で活躍している人、子育てと両立している人など、さまざまな経験を持った人材がいるにも関わらず、共有される機会が少ないなと感じていました。さまざまなキャリアを歩む人の意見を聞くことで、広い視野でキャリアプランを考えられる機会をつくっていきたいと思っています。実際、これまではCRAのキャリアといえば、CRA→クリニカルリーダー→ラインマネージャーというのが一般的でした。しかし今では、CRAの経験を活かし、プロジェクトマネジメント本部やビジネスデベロップメント本部、コンサルティング事業本部、人財部との兼務や異動など多彩なキャリアプランを描くことができます。このことをもっと部内に浸透させて、CRAがキャリアプランを描きやすくなるような仕組みづくりを推進していきたいと思っています。

1日の仕事の流れ

  • 9:00

    出社

    子どもを保育園に送ってから出社。出社後は、まずはメールのチェック。

  • 9:30

    プロジェクトの情報確認

    担当プロジェクトのグローバル情報を確認。

  • 10:30

    チームミーティング

    チームメンバーと業務の進捗チェック。症例組入れのアクションプランを確認。

  • 12:30

    昼食

  • 13:30

    プロジェクトミーティング

    担当プロジェクトのリーダーと進捗確認の会議を実施。

  • 14:30

    チームミーティング

    チームメンバーと施設対応について話し合い。

  • 15:30

    タスクフォース会議

    臨床事業部内のタスクフォースの会議を実施。

  • 16:30

    チームミーティング

    チームメンバーからの外勤報告を受け、情報を共有。

  • 17:30

    退社

    テレワーク時には終業後に保育園へお迎えにいく。

キャリアステップ

  • 2012年~2018年

    未経験CRAへの導入研修後、仮配属となりOJT研修を実施。その後、CRAとして本配属。6年間で3つのプロジェクトを経験。

  • 2018年~現在

    サブクリニカルリーダーに就任。その後、現プロジェクトにサブクリニカルリーダーとして配属。チームメンバーのマネジメントも担う。

  • 今後の目標

    担当プロジェクトのマイルストーン達成とチームメンバーへの最適なマネジメントが目標。また、臨床部門全体の専門教育や1 on 1を推進し、部員の人材育成やキャリアプランの充実に貢献する。

T_F写真

趣味は世界を旅すること。
子どもといっしょに旅をする
のが夢です。

how one spends a day off

Privateプライベートを知る

T_Fプライベート写真1

まだ行ったことのない世界を想像
すると、ワクワクが止まりません。

私の趣味は旅。以前は休みが取れれば、国内外問わず、どこかに行っていました。大学時代にスペイン語を専攻していたこともあり、特にラテンアメリカの文化が好きで、大自然や古代遺跡などの観光のほか、地元の人たちとの交流や現地の食事を楽しんでいました。また、旅の目的のひとつにダイビングがあり、まだ見ぬ世界の海のことを考えるとワクワクします。これまで訪れたダイビングスポットの中では、10代の頃から行きたかったセノーテが一番感動しました。メキシコにある淡水のダイビングスポットですが、透明度が高いため、光がカーテンとなり、水中へ差し込みます。潜った瞬間に息をするのを忘れ、言葉を失う光景とはこのことだな、と感じた興奮を今でも覚えています。

T_Fプライベート写真2

子どもと公園に行って遊ぶのが
休日の日課です。

次男が歩くようになってからは、子どもたちと一緒に遊ぶことが趣味になっています。休日になると、朝から公園に行こうとせがまれるので、地元の公園巡りが日課です。最近は、あまり人がいないような穴場の公園を探すのにハマっていて、工業地帯にある大きな公園や都市部では珍しいビーチのある公園を見つけています。ビーチのある公園では、貝殻を拾ったり、カニを捕まえたり、いろいろな楽しみを子どもと発見しています。二人とも外で遊ぶことが大好きなので、子どもが大きくなったら、アマゾンやガラパゴスに連れて行ってあげたいですね。行きたいと言うかは分かりませんが(笑)。

メッセージ

現場から新しいチャレンジやアイデアが生まれる環境。

シミックの魅力は、現場の意見をすくい上げ、新しいことに積極的に取り組んでいくチャレンジ精神があることです。現場もマネジメント層も、会社をより良くするためにはどうしたらいいかを考える文化があり、実際にさまざまな企画・制度が生まれています。たとえば、プロジェクトの垣根を越えて業務マッチングを行うシステム。一部の人が業務過多になるのを防ぎながら、より多くの人に挑戦できるフィールドを提示できます。また、テレワークの推進やフレックスタイムの導入により、その人に合った働き方を個人が自由に決めることができるようになりました。実際、私のチームのメンバーも勤務時間はバラバラ。私も子育てとの両立がしやすくなり、ワークライフバランスの取りやすい環境だと感じています。

T_F写真
PAGE
TOP