A_S写真A_S写真
Interview

DM

T. K.

シミック株式会社

T. K.

DM(データマネジメント)
シミック株式会社 データサイエンス事業本部CDM第2部
2012年12月中途入社

中学・高校はバドミントン部に所属。大学・大学院では遺伝子工学を学び、認知症の原因遺伝子の特定を研究。卒業後は、製薬会社に就職し、MRとして勤務した後、DM(データマネジメント)の仕事に興味を持ち、シミックへ入社。

仕事を知る

チャレンジングなプロジェクトに参加。
今後は新しい調査方法をとり入れる挑戦も。

前職のMRでは、PMS(製造販売後調査)の対応を医療機関に依頼していましたが、やっとの思いで医師から回収した調査票の社内処理に時間がかかってしまうこともあり、どういった手順でデータ処理が進んでいるのか興味を持ちました。「現場を知っている人間が中に入れば、効率よくデータを処理できるのでは」と思い、DM(データマネジメント)の仕事に挑戦することに。シミックを選んだ理由は、ネームバリューが大きく、より多くの試験を経験できると思ったから。未経験で入社することになるので、できるだけ多くの実践を積みたいと思っていました。実際、入社してDM業務を行ってみると、さまざまな手順があることに驚きました。手順通りに処理を進めることで品質を担保することができることを知り、MRの時には分からなかったDMの大変さやおもしろさを体感しました。入社1年目からチャレンジングな仕事に抜擢され、3年目にはEDC(電子データキャプチャシステム)プロジェクトの立ち上げも経験しました。EDCとは、今まで紙で行っていた臨床データを、電子データで収集できるようにするシステムのこと。当時日本ではあまり使用実績のなかったEDCの立ち上げであったため、予期せぬシステムトラブルも多く、手探りで進めていきました。データマネジメントの分野は、データベース調査やウェアラブル端末を利用した試験など、今後も新しいかたちの試験がどんどん増えていくため、積極的に新しい技術を取り入れていきたいと思っています。

A_S写真1
A_S写真2

コミュニケーション力も大切な能力のひとつ。
次世代のリーダー育成のために奮闘中。

この仕事でやりがいを感じるのは、クライアントが本当に求めている要望を正確にくみ取り、それに対して最適な提案ができた瞬間です。クライアント側がデータマネジメントに関する知識が少ないこともあるので、クライアントの要望をただそのまま聞くのではなく、「こういう処理をしたほうがいいですよ」というように、より良い方法を提案するコミュニケーション能力も大切になってきます。また、コミュニケーションは社内のチーム間でも重要です。プロジェクトの成功は、チームを最大限機能させることにかかっていると思っているため、チーム内でしっかりと情報を共有し合うことを心がけています。チーフマネージャー(チームリーダー)になったことで、最近は自分のこと以上に後輩の育成に力を入れています。部署としても、プロジェクトリーダーやチームリーダーの育成が重要な課題です。これらのポジションは、DMとしてのスキル・経験はもちろん、プロジェクトマネジメントやクライアントとのコミュニケーション力が必要不可欠。どのように教育すればメンバーのレベルアップに貢献できるのか、本を読んだり外部研修を受けたりしながら、育成プログラムの構築を進めています。

1日の仕事の流れ

  • 9:00

    出社

    自宅が千葉にあるため、通勤時間は本を読むのが習慣。出社後はメールの確認から。

  • 9:30

    プロジェクトメンバーとの
    ミーティング

    プロジェクトメンバーとタスクのすり合わせ。チームメンバーとの1 on 1会議の準備も。

  • 12:00

    昼食

    ランチは妻がつくってくれるお弁当。在宅勤務時は、自分でつくることも。

  • 13:00

    クライアントとの会議

    プロジェクトの進捗状況の報告や今後のタスク、スケジュールについて確認。

  • 14:00

    社内ミーティング

    新規に受託したプロジェクトで開発する予定のシステムの仕様や開発スケジュールについて、システム担当者と会議を実施。

  • 16:00

    手順書や仕様書の作成

    プロジェクトメンバーが作成した手順書や仕様書をチェック。

  • 18:00

    手順書・仕様書の提出

    作成した手順書・仕様書をクライアントに提出。翌日対応する作業の確認も。

  • 19:00

    退社

    子どものお迎えを担当する際は、早めに17時に退社。

キャリアステップ

  • 2012年~2018年

    DMとして主にPMS(製造販売後調査)案件を担当。1年目から大規模PMS案件に主担当として関わる。3年目にはEDC(電子データキャプチャシステム)のプロジェクト立ち上げを経験。5年目にはプロジェクト責任者として大規模PMSプロジェクトの立ち上げを担当する。

  • 2018年~現在

    担当していたPMSプロジェクトを進める中でチーフマネージャー(チームリーダー)に就任。チームメンバーのマネジメントも担う。

  • 今後の目標

    次期プロジェクトリーダー、チームリーダーを育成する観点で、育成プログラムの大枠をつくっていくことが目標。DB(データベース)調査やウェアラブル端末を利用した試験など、今後拡大が予想されるスタディの標準手順の作成や効率化に貢献したい。

A_S写真

休日はドライブに。
子どもを連れて旅行も。

how one spends a day off

Privateプライベートを知る

A_Sプライベート写真1

大好きなドライブが、私のリフレッシュ法です。

運転が好きで、休日にはよくドライブに出かけています。車自体も大好きで、過去にはBMWやアウディなどに乗り、自分でカスタマイズを楽しんでいました。今は、家族がいるのでファミリーカー(ステップワゴン)に乗っていますが、実は特別仕様車であったり、足回りなどの見えない部分を少しいじっていたりと、家族には分からない部分が変わっていたりします。また、いろいろな車に乗るのも好きなので、よく販売店に行って、気になる車を試乗することも。「次はどんな車に乗ろうか」と想像を膨らませるだけでワクワクしますね。

A_Sプライベート写真2

子どもには、いろいろな体験を
させてあげたい。

いろいろな場所に旅行に行くのも大好きです。学生時代は、車で日本一周をしたこともあります。知らないものに出会ったり、おいしい料理を食べたり、普段できないような特別な体験ができたりするのが、旅行の素晴らしいところ。京都や仙台、九州など、家族で旅行に行くこともよくあります。2歳の子どもがいるので、いろいろなところに連れていって、多くの経験をさせてあげたいなと思っています。

メッセージ

自由さとチャレンジできる環境が、シミックの魅力です。

シミックはフレックス制度やテレワークを採用しているため、とても働きやすい環境です。とくにDM(データマネジメント)の仕事は、ある程度自分でプロジェクトをコントロールできるようになれば、自分でスケジュールを調整することができます。たとえば、私の場合、保育園に子どもを迎えに行くため17時に終業することも。そのほかにも、海外クライアントとのミーティングのために朝7時に出社したときは終業時間を15時にするなど柔軟に対応できます。また、入社年次に関係なく、チャレンジさせてもらえる環境があることもシミックの大きな魅力。実力とやる気があれば、入社1、2年でプロジェクトリーダーに抜擢されることもあります。自分の可能性を広げたい方はぜひ一緒に働きましょう。

A_Sプ写真
PAGE
TOP